現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 役場担当部署一覧
  3. 保健グループ
  4. 新型コロナワクチン接種証明書

新型コロナワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書(電子版)

ワクチン接種証明書アプリにより、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書が発行できるようになりました。

申請方法

スマートフォン上で電子申請により交付・表示できます。
手続きの詳細は、「デジタル庁ホームページ(外部サイトへリンク)‐別ウインドウで開きます」をご覧ください。(窓口での交付はできません)

◆手続きに必要なもの
1.スマートフォン
動作環境
・ マイナンバーカードが読み取れる(NEC Type B対応)端末
・ ios 13.7以上
・ Android 8.0以上
2.マイナンバーカード
3.マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)
4.パスポート(海外用を発行する方)
※PC、タブレット端末は不可
 
◆操作方法、お問い合わせ等

留意事項

◆マイナンバーカードの暗証番号について
  電子申請時にマイナンバーカードの券面事項入力補助暗証番号(4桁)入力が必要となります。
  
 ■マイナンバーカードの暗証番号についてはこちら
   入力を一定数連続して間違えロックがかかった場合、窓口での手続きが必要となります。
 ■マイナンバーカードの暗証番号再設定についてはこちら
   暗証番号を忘れた、一定回数失敗してロックされた場合、窓口での手続きが必要となるため、
   即日交付ができません。海外渡航など、接種証明書の利用を予定している方はお早めに
   申請していただきますようお願いいたします。


◆電子申請できない方
  • マイナンバーカードを持たない方
  • スマートフォンを持たない方(お持ちのスマートフォンの動作環境が対象でない方)
  • 旧姓・別姓・別名の併記がある方
  • ワクチン接種記録システムに未登録またはデータエラーがある方
  • 旅券以外の渡航文書で請求する方(海外用を申請する場合)等
    ※接種証明書の漢字氏名(国内用)はマイナンバーカード記載の氏名、ローマ字氏名(海外用のみ)はパスポート記載の氏名が使用されます。


◆証明内容について
   接種証明書に記載されている内容は、接種した会場において「ワクチン接種記録システム」(VRS)
 に登録した内容が自動で交付・表示されます。ワクチン接種に関するデータに誤りがあった場合、
 町に予診票が届いた段階で修正しますが、電子申請された時点で予診票が町に届いておらず、
 誤った内容で交付される場合があります。修正が必要な場合は、保健グループ(01632-5-1790)に
 ご連絡ください。



新型コロナワクチン接種証明書(紙)

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。
デジタル化に伴い、従来の海外用に加えて、日本国内の接種証明書も申請できるようになりました。

対象者

以下の条件に当てはまる方が対象になります。
  • 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種等含む)を受けた方で、幌延町発行の接種券で接種を受けられた方。

▼以下の方は発行対象外です
  • ワクチン接種を受けていない方
  • 予防接種法の対象外となる方(在外日本人一時帰国者、米軍接種を受けた在日米軍従事者、ワクチンの輸入等で接種した方、国内治験参加者)

実施方法

 1.窓口
    必要書類(「提出書類」を参照)をお持ちのうえ、下記窓口までお越しください。
    なお、窓口申請が出来る方は、本人及び委任状を持参した代理人のみ可能です。
    
    幌延町役場 保健福祉課保健グループ(役場1階左奥)
    受付時間:平日8時30から17時15分


 2.郵送
    必要書類(「提出書類」を参照)を下記まで郵送してください。

    〒098-3207 北海道天塩郡幌延町宮園町1-1
    幌延町役場保健福祉課保健グループ宛

提出書類

◆必須書類
  • 交付申請書
    ※交付申請書は役場窓口でもお受け取りいただけます。
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
  • 接種券または接種済証(接種券にワクチンロットシールが貼付されたもの)の写しか接種記録書(市から送られてきた接種券を使わないで接種した方)の写し
  • 旅券(パスポート)またはその写し(海外用の証明書が必要な場合は必ずお持ちください)
    ※有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定があれば、更新した旅券をご提出ください(旅券の更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、旅券の更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります)。

◆場合によって必要な書類
  • 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合、旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の写し
  • 接種済証等に記載されている氏名が通称名など旅券と異なる表記の場合、旅券記載の本名と通称名の対応が確認できる書類(マイナンバーカード、住民票の写しなど)
  • 代理人による請求の場合、本人の自署による委任状及び代理人の本人確認書類

発行手数料

無料

接種証明書の掲示による防疫措置の免除・緩和について

防疫措置の免除国・地域について詳細は、外務省海外安全ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

注意事項

  • 住所地外接種であっても、接種券を発行(附番)した自治体が幌延町であれば、当町で接種記録を管理することになりますので、上記に従って申請してください。なお、1回目接種と2回目接種の間に転居している等、いずれか一方のみが当町の接種である場合は、その接種に係る接種証明書のみ発行が可能であり、もう一方の接種に係る接種証明書については、接種当時に住民票が所在した市区町村に申請する必要があります。
  • 接種記録の確認等により、交付までに時間を要することがあります。
     

問い合せ先・担当窓口

保健グループ

最終更新日:2021年12月21日

発信元: 保健グループ