現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの観光
  3. イベント紹介
  4. クリスマスパーティー in 糠南

クリスマスパーティー in 糠南

幌延町は「秘境駅」がたくさんあることで知られており、その中でもダントツ人気の「糠南駅」で開かれているクリスマスパーティーをご紹介!!

第5回 クリスマスパーティー in 糠南 2019 - 皆さまに愛され無事開催終了 -

○日時:2019/12/22(日)6:00幌延駅集合
●6:21:幌延駅発上り普通列車(4324D)に乗車します
 ・乗降混雑緩和のため事前にきっぷを購入してください
 ・現地合流も可能です
●6:46:糠南駅下車(クリパ開始)

○場所:極寒秘境駅・JR糠南駅(北海道天塩郡幌延町字問寒別746−3)

○連絡事項
 ・極寒ですから防寒装備必須です、低体温症、凍傷等にご注意ください
 ・避難先を期待しないでください
 ・かまくら作り体験、除雪体験、ぬかにゃん装飾大歓迎!
 ・皆様の持ち込み企画大歓迎です!
  • 第5回 クリスマスパーティー in 糠南 2019

「クリスマスパーティー in 糠南」の歴史

2015年に栃木県の男性が冬の糠南駅でクリスマスを祝うパーティーを「これるものなら来てみやがれ!」的に開催し、本人すら誰か来るのかと懐疑的になりつつも、12名程度の参加がありました。
これは幌延町が秘境駅などの鉄道系資産を活用したまちおこしを始めたことへの応援の意味も込めて鉄道愛好家が自然発生的に開催したイベントでした。

出会ったばかりなのに、糠南愛が強すぎてすぐに意気投合した12名は、少しでも時間や余韻を共有したくて、上り列車(名寄方面)で帰路につく参加者も下り列車(稚内方面)に皆で乗車し雄信内駅での上り列車交換を目指しました。
しかし、この「雄信内返し」とも呼ばれる試みは、列車運行が少し遅れたため失敗に終わり、上り列車を逃した4人は急遽幌延市街での宿泊を余儀なくされ、結果的にほぼ参加者全員で交流会を楽しみました。これが恒例となった前夜祭のルーツです。
糠南クリパを完遂した高揚と宴会を遅くまで楽しみ飲んだ勢いが相まって「また来年も糠南で会おう!」と誓い合った糠南同志たちは固い結束のもと翌年も集合。
以降、クリスマスを糠南駅で過ごす不思議な集団が形成され徐々に勢力を拡大することとなりました。
ただ、この初回の雄信内駅交換失敗事件が無ければ、何が何でも2回目もやるんだ!とはならなかったかも…と初期メンバーは語っています。

この破天荒なクリパはネットや新聞上で話題となり、翌年は暴風雪で現地までのほとんどの交通手段がマヒする中、驚異の粘りを見せた沿岸バスの運行などによって35名程度(辿り着けなかった方も10名程度?)の参加がありました。もちろん初回メンバーもほぼ集結。
その年は試練が続き、始発の上り普通列車が運休となる中、幌延町がバスを運行させ、なんとか参加者一行は聖地に辿り着くことができたものの、マイナス20℃を記録する極寒朝の秘境駅が猛者たちを震え上がらせました。
こうした簡単には開催させてもらえない糠南クリパの思い出は、参加者すべての脳裏に深く刻み込まれる伝説的クリスマスパーティーとなったのです。

その後も、2017年には50名、2018年には65名に達するイベントに成長し、早朝の幌延駅も上り普通列車内も糠南駅ホームも大混雑するという不思議なクリスマスイベントに発展しています。
ただし、ここ2年はとても穏やかな天候の糠南クリパとなり、一部コアな参加者には物足りなさも残しているとのこと。

前夜祭も第4回目には参加者が50名を超し、2次会も相当の参加がありました。
多くの宿泊もありますので、町にとってこの糠南クリパイベントだけで大きな経済効果もあり、秘境駅などの鉄道系資産活用によるまちおこしの成果のひとつと言えます。

さて、5回目2019年はどうなるでしょうか!!

第5回 クリスマスパーティー in 糠南 2019

第5回「糠南クリパ」は、過去最高80人が参戦!

第5回「糠南クリパ」は、過去最高80人が参戦!

○開催日:令和元年12月22日(月)
○参加:80名程度

事前から予想されたとおり、過去最大となる80名程度の参加者が集まりました。

恒例となった前夜祭には、過去最大67名のご参加をいただき鉄道談議に花を咲かせ盛り上がりました。
前夜祭では、地元住民から糠南駅が地域の子供たちの遊び場として使われていた秘話などを聞き、参加者はまた別の一面を糠南駅に見出すことができました。
その逸話は翌日の糠南駅において寸劇として登場していました。

クリパ当日の天候は比較的穏やかに経過しましたが、時折、降雪もあり雪になれない関東以南の参加者たちを震え上がらせるには十分な気候で、ある意味満足できる天候でした。
参加者は思い思いに時間を過ごし、ヨド物置にはたくさんのお供え物が上がり、クリスマスケーキも年々進化していました。
穏やではあれど12月の外で3時間過ごすと身体も芯から冷えきってしまいますが、今年も隣家のご協力があり、参加者は温かい豚汁で冷えた身体を暖めることができました。

最後は、恒例となった糠南駅での記念写真撮影と皆が愛する鉄道ソングを合唱し、3時間の真冬の秘境駅イベントが幕を閉じました。
  • 前夜祭には67人参加!
    前夜祭には67人参加!
  • 参加者であふれる早朝幌延駅
    参加者であふれる早朝幌延駅
  • 糠南クリパ参加者で満員御礼キハ54
    糠南クリパ参加者で満員御礼キハ54
  • 到着と同時にお供え並ぶヨド物置
    到着と同時にお供え並ぶヨド物置
  • お供えケーキもいよいよ立体化!
    お供えケーキもいよいよ立体化!
  • 地域住民から薪ストーブ差し入れ
    地域住民から薪ストーブ差し入れ
  • 隣家・千葉家豚汁に舌鼓を打つ参加者
    隣家・千葉家豚汁に舌鼓を打つ参加者

第4回 クリスマスパーティー in 糠南 2018

駅名標を模したケーキ

駅名標を模したケーキ

○開催日:平成30年12月24日(月)
○参加:65名程度

過去最大65名程度の参加者が集まり、穏やかな天候のもと開催されました。
皆さま、糠南ケーキのバリエーションを考えるのに苦労されているようです。
第4回 クリスマスパーティー in 糠南 2018

第4回 クリスマスパーティー in 糠南 2018

第3回 クリスマスパーティー in 糠南 2017

ぬかにゃんケーキ

秘境駅キャラクター「ぬかにゃん」ケーキ

○開催日:平成29年12月24日(日)
○参加:50名程度

第3回目を迎えた糠南クリパは、初めて何事もなく穏やかに楽しめた(?)クリパとなりました。
コアな参加者には少し物足りなかったか…。
初めて海外(韓国、シンガポール)からの参加もあり国際化が進みます。
この頃から、仮装大会も賑やかになってきました。
  • 第3回 クリスマスパーティー in 糠南 2017
    第3回 クリスマスパーティー in 糠南 2017
  • 仮装
    思い思いの企画持ち寄り…

第2回 クリスマスパーティー in 糠南 2016

第2回 クリスマスパーティー in 糠南 2016

第2回 クリスマスパーティー in 糠南 2016

○開催日:平成28年12月24日(土)
○参加:35名程度

2回目となった糠南クリパは、ダイヤ改正もあり早朝の開催となりました。
暴風雪の影響で、残念ながら参加表明された10名ほどは参加できませんでしたが、列車が運休するなど幌延入りも危ぶまれる中、沿岸バスなどで何とか辿り着いた猛者たちが全国各地から35名ほど糠南駅に集結しました。
朝の気温がマイナス20℃と猛烈に冷え込む手荒い歓迎を受けた雪に不慣れな参加者たちは、地元の方から指導を受けつつ除雪作業で体を温めたり、秘境駅キャラクターの「ぬかにゃん」型のかまくらを作ったりと思い思いに楽しみました。
この悪天候の糠南クリパ2016は伝説的な記憶に残るイベントとして今なお語り草となっています。

第1回 クリスマスパーティー in 糠南 2015

第1回 クリスマスパーティー in 糠南 2015

第1回 クリスマスパーティー in 糠南 2015

○開催日:平成27年12月24日(木)
○参加:12名

幌延町が秘境駅などの鉄道系資産を活用したまちおこしを始めたことへの応援の意味も込めて、栃木県の男性が企画した糠南駅でのクリスマスパーティー。
本人すら誰か来るのかと懐疑的になりつつ12名の参加がありました。
町でも秘境駅事業に取り組み始めたところでしたので、担当者がどんなイベントなのか見学させていただきました。
夜の暗闇の中、問寒別駅で降りた参加者たちが湿った雪の降る中、3km程度の道のりを思い思いの鉄道話、糠南愛を語りながら行進したのでした。
初回は、コンビニで買った簡素なおひとりさま用ケーキなどでお祝いしました。

名残を惜しむ参加者たちは少しでも時間を、そして余韻を共有したくて、上り列車で帰路につく参加者も下り列車に皆で乗車し雄信内駅での上り列車交換を目指しました。
しかし、この「雄信内返し」とも呼ばれる試みは、列車運行が少し遅れたため失敗に終わり、上り列車を逃した4人は急遽幌延市街での宿泊を余儀なくされ、結果的にほぼ参加者全員で交流会を楽しみました。これが恒例となった前夜祭のルーツです。
糠南クリパを完遂した高揚と宴会を遅くまで楽しみ飲んだ勢いが相まって「また来年も糠南で会おう!」と糠南同志たちは誓いあったのでした。
糠南行軍

伝説の湿った雪が降る中を進む「糠南行軍」

問い合せ先・担当窓口

企画政策課

最終更新日:2020年01月06日

発信元: 企画政策課