福祉医療助成

幌延町では、重度心身障害者・ひとり親家庭等・子ども(原則18歳まで)に対して保険適用内の医療費について助成を行っています。 自立支援医療など、他の公費制度の対象となる方は、他制度が優先となる場合がありますので医療機関での提示をお願いします。

重度心身障がい者医療費助成

身体障がい者手帳1級・2級・3級(心臓等の機能障害に限る)及び児童相談所等により重度の知的障がいと判定された方は、申請により重度心身医療費受給者証を交付します。ただし、所得制限があります。
  • 自己負担額
    ○課税世帯  …医療費の1割
    〇非課税世帯…初診時一部負担金のみ
  • 申請:医療受給者証の申請には、身体障がい者手帳等・被保険者証・判子・個人番号がわかるものを持参してください。 
  • 受給者証の提示:道内の医療機関で診療を受けるときは、健康保険証・重度心身障害者医療費受給者証を窓口へ提示してください。道外の医療機関にかかるなどして、自己負担額が生じた場合は、後日住民生活課生活グループへ申請いただくことで払い戻しします。

ひとり親家庭等医療費助成

母子・父子家庭の母又は父及び児童(20歳になる月の末日までの間にある者)・遺児(20歳になる月の末日までの間にある者)の方は、申請によりひとり親家庭等医療費受給者証を交付します。ただし、所得制限があります。
  • 自己負担額
    〇課税世帯  …医療費の1割
    〇非課税世帯…初診時一部負担金のみ
  • 申請:医療受給者証の申請には、被保険者証・判子・個人番号がわかるものを持参してください。
  • 受給者証の提示:道内の医療機関で診療を受けるときは、健康保険証・母子家庭等医療費受給者証を病院等の窓口へ提示してください。道外の医療機関にかかるなどして、自己負担額が生じた場合は、後日住民生活課生活グループに申請いただくことで払い戻しします。

子ども医療費助成

 疾病の早期発見と治療を促進し、子どもの保健の向上と福祉の増進や子育て世帯の経済的負担の軽減を図るため、原則18歳までのお子さんの医療費を助成する制度です。
 ・自己負担額:なし
 ・申請:医療受給者証の申請には被保険者証、判子、所得証明書等(1月1日時点で町内に在住 
  していない場合のみ)を持参してください。
 ・受給者証の提示:道内の医療機関で診療を受けるときは、健康保険証・子ども医療費受給者証  
  窓口へ提示してください。道外の医療機関にかかるなどして、自己負担額が生じた場合は、後  
  日住民生活課生活グループに申請いただくことで払い戻しします。

問い合せ先・担当窓口

住民生活課 生活グループ

最終更新日:2020年10月13日

発信元: 住民生活課