現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの産業
  3. 農業関連施設
  4. 幌延町営牧場

幌延町営牧場

幌延町営牧場

町営牧場の開設と経緯
幌延町営牧場は、酪農家の飼料基盤の拡大に限界がある中で、多頭化が進む酪農経営において、育成管理等の効率化を図るために、乳用牛の預託育成牧場として計画され、昭和44年から52年に国営草地開発事業により南沢団地、上幌延団地、問寒別団地の3団地が建設され、昭和53年から平成8年に幌延団地が建設されました。

幌延町営牧場の規模と概要
南沢・上幌延団地は幌延市街から、北東に約7キロメートルの波状丘陵地に位置し、問寒別団地は幌延市街から約20キロメートル離れた問寒別市街から、さらに約10キロメートル問寒別川沿いに入った波状丘陵地に位置しています。幌延団地は幌延市街から約10キロメートルの平坦地で天塩川とサロベツ原野の間に位置しています。
幌延団地は採草地専用で、4つの利用組合が採草利用しています。

(表1)各団地の概要
団地名 職員数 総面積 草地面積 牧区数 標高 備考
南沢団地 1人(3人) 355.3ヘクタール 252.8ヘクタール 39区 45〜175メートル 急傾斜地多い
上幌延団地   183.0ヘクタール 128.2ヘクタール 13区 15〜100メートル 一部蹄耕法造成
問寒別団地 3人 575.2ヘクタール 442.3ヘクタール 44区 30〜125メートル 緩傾斜地多い
幌延団地    659.0ヘクタール 368.2ヘクタール     平坦地 
※職員数の()内は、臨時職員

(表2)主な施設
南沢団地 上幌延団地 問寒別団地 幌延団地
管理事務所(1棟) 事務所兼避難舎(1棟) 管理事務所(1棟)  
避難舎(1棟) 牛衡舎(1棟) 避難舎(1棟)  
飼料貯蔵庫(1棟)   飼料貯蔵庫(1棟)  
農具庫(1棟)   農具庫(1棟)  
牛衡舎(1棟)   牧区避難舎(1棟)  
スラリーストア(1基)   牛衡舎(1棟)  
トラクタ(3台)   トラクタ(3台)  
トラック(1台)   トラック(1台)  

(表3)放牧利用と牧草利用の実績
  昭和47年 昭和50年 昭和54年 昭和57年 昭和62年 平成2年 平成6年 平成10年 平成14年
利用草地面積 54ヘクタール 475ヘクタール 802ヘクタール 809ヘクタール 809ヘクタール 809ヘクタール 809ヘクタール 816ヘクタール 879ヘクタール
放牧実頭数 276頭 1,246頭 1,644頭 1,339頭 1,457頭 1,671頭 1,506頭 1,646頭 1,609頭
放牧利用戸数 60戸 136戸 143戸 130戸 115戸 113戸 90戸 97戸 90戸
生草利用量 0トン 0トン 0トン 819トン 584トン 401トン 246トン 0トン 0トン
草利用量 0トン 183トン 0トン 0トン 0トン 0トン 0トン 0トン 0トン
   平成18年 平成22年  平成26年  平成30年           
利用草地面積 823.3ヘクタール 823.3ヘクタール 823.3ヘクタール 823.3ヘクタール          
放牧実頭数 1,160頭 1,181頭  896頭 638頭           
放牧利用戸数 78戸 71戸  54戸  40戸           
生草利用量 0トン  0トン  0トン  0トン           
草利用量 0トン  0トン  0トン  0トン           

【平成31年度 利用状況】
  1. 草地利用状況
    • 南沢団地:252.8ヘクタール
    • 上幌延団地:128.2ヘクタール
    • 問寒別団地:442.3ヘクタール
    • 合計:823.3ヘクタール
  2. 入退牧状況
団地名 入牧頭数 退牧頭数 死廃
当初 中途 中途 退牧
南沢団地 5月30日
298頭
1頭 299頭 123頭 10月25日
176頭
299頭 0頭
上幌延団地              
問寒別団地 5月28日
339頭
  339頭 88頭 10月24日
251頭
339頭 0頭
637頭 1頭 638頭 211頭 427頭 638頭 0頭

最終更新日:2019年09月03日

発信元: 産業振興課

関連カテゴリー